はじめに

゛下総の山の中に親の愛の花を咲かせてください゛

 

 この地がまだ山林だった頃、暖かな言葉とともに、土地のご寄附をいただきました。

 

自閉症という、難しい障害を持った子ども達の幸せを願う親達の切なる思いが原動力となり、地域の方々をはじめ、多くの方々のご支援を得て、昭和63年5月、しもふさ学園が開園しました。

以来、利用者の方一人一人の生活の質の向上、支援の充実、さらに開かれた施設を目指して歩み続けています。
通所施設やグループホームなども開設し、より多くの方にご利用いただけるようになりました。

学園を訪れる方や、応援して下さる皆様の、心のふるさとになるよう願っています。