しもふさ学園

昭和63年に開所主に自閉症の方が生活しています。スタッフは自閉症の理解と支援に重点を置いています。しもふさ学園は、千葉県の自閉症者の代表的な支援施設として日々前進しています。当学園の利用者が生活をする家は、南館・西館・東館・北館と合計4館あります。利用者の皆様が安心して、心からくつろげる空間作りを目指しています。

 

南館  男性利用者14名が生活。地域生活へ向けた支援を展開。

西館  男性利用者8名が生活。自閉症者へ特化した生活館。

東館  男性利用者12名、特性別に分かれて生活。

北館  女性利用者7名が生活。女性らしい家庭的な生活空間です。

 

事業所名

指定障害者支援施設
しもふさ学園

施設長

小林 勉

設立

平成63年4月

住所

289-0111
千葉県成田市名木511-15

電話

0476-96-1527

FAX

0476-96-0414

定員

施設入所支援 40名

生活介護   40名

短期入所   10名

事業内容

α科

建築部材の組み立て作業。自閉症の特性に配慮した作業空間。

β科

建築部材の組み立て作業。一人一人の特性に合わせた作業空間。

まろん科

利用者さんの生活リズムを整え、より細やかな配慮が必要な方

に対して個々に合った活動を提供。

あおぞら科

平成23年4月に新設。拘り等が強い方に対し支援を展開。